ブロガーやアフィリエイターは、インターネット上に自分の作成したコンテンツを残すことになる。ブロガーやアフィリエイターの目的はさまざまだが、共通して意識しておきたいことがある。

この記事では、ブログ運営やアフィリエイトをこれからはじめるという初心者が、インターネット上にコンテンツを残す時に意識しておきたいことについて書き記しておこうと思う。

インターネットは人の生活をより良いものにするために

インターネットは全世界の人が利用する公共の場である。

インターネットを活用する人の目的はさまざまではあるが、一般的なユーザーの多くはGoogleやYahoo!で知りたいことを検索し、でてきたサイトを閲覧することで問題を解決するわけです。

「なにかを知りたい人」というのは、例えば、
  • 悩みを解決したい
  • 正確な情報を知りたい
  • 新しいことを知りたい
といったことが考えられる。そこに共通していることは「人生や社会をより良いものにしたい」という人の想いが存在することだ。

そのうえで、これからブログ運営やアフィリエイトサイトを作成していくことになるブロガーやアフィリエイターは、どんなコンテンツを残せばいいだろうか?

インターネット上に無数に存在するコンテンツを利用する立場になったとき、どんなブログやサイトがあったら嬉しいだろうか?

それはもちろん「知りたいことがわかる」ブログやサイトということになるだろう。

「お金を稼ぐこと」が目的でもかまわない

ブログやアフィリエイトを知り、やってみようと思う人の大半が「お金がほしい」という思いからだろう。それが目的となることは問題はない。

しかし、お金を稼ぐためだからといって、ウソの情報、他のサイトのコンテンツを盗んだりすることはやってはならない。

インターネットは不特定多数の人が利用する場であり、現実社会と変わらないからだ。インターネットでは相手の顔や姿がみえないため、モラルやマナー、法律に反するようなことが簡単にできてしまう。

そうであるからこそブログやアフィリエイトサイトを作成するにあたっては、より厳しく自分を律する必要がある。

インターネットは無法地帯ではない。不特定多数が利用するからこそ、より良い人生、より良い暮らしをおくりたいという人のためにコンテンツを作成し、インターネットの世界をより良いものにしていく必要があるのだ。

意識すべきはGoogle検索の向こう側にいるインターネット利用者

ブログやアフィリエイトに取り組んでいると、どうしても「Google」という検索サービスのことを意識しなくてはならない。よく言われる「SEO」だ。

もちろんSEOを意識したコンテンツ制作は大切だ。検索サービス「Google」も、検索ユーザーのために、検索されたキーワードに対して「より良いサイト」を教えたいからだ。ブログやサイトを作成する者としては、Googleは敵ではなく「おなじ思いを共有する仲間」であると考えるべきだろう。

検索ユーザー、インターネット利用者のより良い人生のために制作したコンテンツ。それを望んでいるユーザーにしっかりと届けるためにSEOは大切なのだ。

意識すべきはGoogleではなく検索ユーザー、インターネット利用者であることを忘れてはいけない。Googleは、その人たちへコンテンツを届けるためのひとつのツールであり、インターネット上にコンテンツを残すための仲間であることを意識しておきたい。

ブロガーもアフィリエイターも社会を構成する一員である

インターネット上には、顔も名前もわからない不特定多数の人が集まっているが、インターネット上だけに存在しているわけではない。

当然のことながら、現実社会で仕事をしたり、家族と過ごしたり、日常生活を送っている人たちだ。インターネット上は特別な世界ではなく、そうした日常生活の延長であり、現実社会のひとつであると考えることだ。

現実世界で社会をより良くしたいという気持ちと同様に、インターネットという社会を構成するひとりとして、ブログやサイトのコンテンツを作りあげていくことが大切だ。

コンテンツの質や制作レベルは気にしない

もちろん、社会にとってより良いコンテンツが、インターネット上にたくさんあることが望ましい。しかし、ブログ運営の目的は人それぞれであり、記事を書いている人の人間味や個性もすごく大切だ。

あなたもぼくも、現実社会ではなんの功績もない一般人かもしれない。人に自慢できるような特別な経験をしているわけではないかもしれない。文章も下手クソかもしれないし、キレイでわかりやすい画像なんて用意できないかもしれない。

だけども同じ経験をしている人なんていないわけですし、ブログをやってみたいという気持ちだけでやってみればいいのだ。

コンテンツの質や制作技術、制作のレベルなんて気にせず、自分が発信したいこと、インターネット上に残したいこと、感じたこと、なにを書いてもいいのがブログの良いところです。

まずやり始めなければ、より良いコンテンツなんて作れるわけがないのですから、初心者こそどんどんやってみてほしい。

さいごに

ブログ運営にアフィリエイトはつきものですし、アフィリエイトを仕事にしているアフィリエイターだっていますし、いろんな想い、いろんな目的で取り組んでいる人がいます。

しかし、インターネットという社会においてはほんのごく一部の人だ。

その社会で共通して意識したいことは、インターネットはいろいろな人が活用している一つの社会なのです。インターネットという社会をより有益な場所にするためにも、ルールやマナー、法律はもちろん、倫理観、道徳心をもってブログやサイト運営、コンテンツ制作をおこなっていきたいものだ。

みなさんのより良い人生をねがって。ではでは。
GoogleのブログサービスであるBlogger

世界をみるとBlogger用の有料・無料のテンプレートがたくさんあるのに、日本のブログ業界はWordPress!はてなブログ!という状況。

なんてことだ!この由々しき事態をなんとかしたい...Bloggerというブログサービスで育ったぼくとしては、この由々しき事態をなんとかしたいという想いに駆られています。

世界的にみてブログといえば「WordPressか Bloggerか」

ブログシステムといえばWordPressかBloggerか、そんな状況だろう。

…って勝手に書いておけば日本でも利用者ふえるかも。

いえ冗談です…でも、Bloggerのテンプレートを配布しているサイトはたいていWordPress用のテンプレートも配布しているので、世界的に利用者がいることは間違いないです。

パソコン表示、スマートフォン表示、どっちでもブログが見やすく表示される訪問者にやさしいレスポンシブテンプレートは標準だし、デザインもおしゃれなテンプレートがたくさんあります。

なのに、日本ではなぜか人気がないBlogger…なぜだ?

猿マネ日本!自称プロブロガー乙!

日本のブログシステムといえば、はてなブログが大人気。はてなブログ無料版から、はてなブログPRO、そしてWordPressへと…みんな同じルートをたどっていく…

猿マネかっ!猿マネ日本かっ!

くそがっ!うらやましいじゃねーか!Blogger正直こどくやねん!!

無料のブログサービスでおすすめというなら「Blogger」の記事がもっとあってもいいだろうがっ!

どこもかしこも、はてなブログ!ライブドアブログ!Blogger使ってから言え!

くそーはてなブログのエディタ、うらやましいよぉ!!はてなブックマークとかされてみたいよー٩(′д‵)۶!!

あ?さては?

あんたらBloggerの使い方、知らないな?使ったことねぇな?使ったことないのに「無料ブログ比較20選-おすすめはこれ!-」とか言ってんじゃねぇのか?あぁ?そうだろ?

それか、Googleのサービスだからって理由でBlogger使いたくないんじゃないか?Googleに知られたくない「やましいこと」でもあるんじゃないか?なぁ?そうだろ?

そう思ってしまうくらい日本でのBloggerの人気はない。くやしい。でも、ぼくはBloggerをつかう。Bloggerをすすめる。(使命感

テンプレートつくって配布する神日本人、ついに現るっ!

WordPressは日本人による無料で高機能なテンプレート(※WordPressではテンプレートのことをテーマと言う)がたくさんあるのに、Blogger用のテンプレートはないと言っても言いすぎじゃない。かなしい。

このブログも海外製の無料のテンプレートを使っています。シンプルだけどすっげーカッコイイテンプレートでしょ?ねぇ、そうでしょ?

ブログを含めてサイトを作成するにあたって、みんなGoogleとBloggerを使いたくない理由があるんじゃなかろうか?と勘ぐってしまうくらいBloggerの人気がない。かなしい。

この状況はぼくがBloggerでブログを始めた7年前とほとんど変わっていません。

ほとんど

そう、日本人による日本人Bloggerブロガーのための無料テンプレートが配布されはじめたのですよ。

まじなんなの?神なのですかい?

Blogger用日本人向け無料テンプレート│Vaster&Vaster2(トーマスイッチ)

Blogger用無料テンプレートVaster(バスター)デモサイト

Blogger用無料テンプレートVasterは、トーマスイッチのトーマスさんが有志で製作したものです。

Vasterといえばこのおっさん。なんかもう刷り込まれすぎて「かわいい」とさえ思えてきます。おそらくは、それがトーマスさんの戦略なのだろう。

Vasterはこのおっさんをイメージキャラクターにするべきですね、えぇ。

Vasterは定期的にバージョンアップ・修正をしながら、現在「Vaster2」として無料で配布されています。

WordPressの超有名無料テーマ「Stinger」や「Simplicity」「Cocoon」を感じさせるデザインは、カスタマイズ前提にとして製作されています。製作者であるトーマスさんはもちろんのこと、Vasterを使っているBloggerブロガーによるカスタマイズ記事も増えてきています。

シンプルながら読者にとって必要なレスポンシブ機能、ソーシャルシェアボタン、自動関連記事表示、広告の設置など、必要最低限の機能とデザインが嬉しいテンプレートとなっています。

ブログ「トーマスイッチ」&ブログ主「トーマス」さんについて

トーマスイッチはBloggerで運営されているブログ。ブログ主はトーマスさん。

中の人の経歴について詳しくはわかりませんが、Bloggerを広めたいという想いが感じられる人がら。

大学生の頃にBloggerでブログを開始したと思われますが、STINGERのカスタマイズ記事もあることからWordPressも利用されていることがわかります。

将棋、簿記、小説や哲学書などを読む読書好き、テンプレートも作って配布しちゃうウェブの知識も豊富な人。

将棋のニュースサイトを作成しており、ツイートからもかなりの将棋好きであることがわかります。

トーマスという名前から想像するに、金髪で高身長の外国人の可能性も否定できません。もともとは留学生として日本にやってきたが、日本文化に触れるうちに将棋にハマり、高尚な趣味をもつイケメンという可能性さえあります。

独特で扱いづらいと言われることのあるBloggerのシステムを利用したテンプレートを自作。それを無料で配布するだけでなく、バグ修正等メンテナンスも行いもおこない、Vaster、Vaster2とバージョンアップさせるあたり…ただものではないことだけはたしかです。

Blogger利用者はやはりプロフェッショナルで熱い想いのある人たちです。

Blogger用無料テンプレートTOKYO│くうく堂


Bloggerのシステムを使ったホームページ作成をおこなっている「くうく堂」。その中の人が製作し無料で配布していくれています。

ありがとござまっす!

くうく堂さんでは、有料デザインのお試し版として無料テンプレートテンプレートを3つ配布してくています。

なかでもTOKYOは完全にプロの仕業を感じさせてくれるキレイなデザイン、好き。カスタマイズもしやすいのですが、すでに出来あがっているデザインということもあって、めんどくさがりでド素人のぼくとしては、VasterよりもTokyoが好き。

女性らしさをかんじさせるやわらかい雰囲気のデザインが目をひきますが、レスポンシブデザイン、記事下のソーシャルシェアボタンや関連記事表示もしっかり用意されています。

Vaster2もTokyoも、Blogger独自のカスタマイズ機能「テンプレートデザイナー」にも対応している点もうれしい限りです。

さらに、Tokyoでいちばん目をひく機能が「ついてくるサイドバー」です。

一時期は「広告が付いてきて不気味」と嫌われていた「ついてくるサイドバー」ですが、方法によってはユーザビリティを快適にし、読者おもいの便利な機能でもあるため、採用しているテンプレートも増えてきました。

BloggerなのにシェアボタンにGoogle+を採用しないというスタンスも好きです。

くうく堂&なかの人のブログ・ラムネグ

日本人製作者によるBlogger用無料テンプレートまとめ

やはり、Blogger好きは、その道のプロだったり、「Bloggerを広めたい!」というアツイ想いのある人たちばかり。

こうした地道な活動によりBloggerの利用者がふえて、よりよいテンプレートが開発されることを願っております。

あらためて、プロの皆様、テンプレートの製作、配布、ありがとうございまっす!まじで尊敬します。

ではでは。


BloggerとGoogle Domainsで独自ドメインのブログを作成してみました。独自ドメインのBloggerブログをいろいろと検証してみるためです。

独自ドメインを利用するにはお金がかかるので意外と勇気がいりますよね。

...うん、わかる。

ぼくなんて、Bloggerと出会って独自ドメイン購入するのに約6年かかりましたから。「いや、もっとはやくやれよ」と。

あの頃の自分にそう言ってやりたい。

ドメイン代っていくら?

BloggerはGoogleが運営しているので、独自ドメインの取得は「Google Domains」で購入するのが早くて便利。

Google Domainsでは1年単位、最長10年という期間で契約することができます。

このブログのドメイン「https://www.web-no-hosomichi.com」は、Google Domainsで1年間の契約をしています。

契約の更新はクレジットカードによって自動的に支払われますので、クレジットカードのない方は用意してくださいね。

関連記事


  • 機械音痴でアナログな管理人おすすめクレジットカード


TLD(ドメイン末尾)によって価格が変わる

末尾のドメイン文字TLDはいくつかある中から選ぶことができます。

その中でも[.com]がもっとも一般的で、料金も「年間1400円+税」と比較的リーズナブル。日本を意味する末尾[.jp]はやや高めのお値段となっています。※2018年5月現在の価格。時期によって価格はことなります。

TLDによって価格が変わりますのでご注意ください。

TLD価格
.academy¥3,500 JPY
.biz ¥1,400 JPY
.com ¥1,400 JPY
.design ¥4,600 JPY
  • .design ドメインの場合、登録できる年数は 1、2、3、4、5、6、7、8、9 年のみです
.info ¥1,400 JPY
.jp ¥4,600 JPY
  • 所在地が日本にある企業または個人であれば、第 2 レベルの登録(汎用 .jp ドメイン名)を行うことができます。
  • .jp ドメインは払い戻しできません。Google Domains の払い戻しポリシーをご覧ください。
  • .jp ドメインでは、非公開の登録はできません
  • .jp ドメインの場合、登録できる年数は 1 年のみです
  • .jp ドメインの復元猶予期間は 19 日です
.jp リファレンスをご覧ください
.net ¥1,400 JPY
.org ¥1,400 JPY
Google Domains の価格とサポート対象の TLDより抜粋)

定番のTLDや近頃よく見かけるTLDなど抜粋してみました。価格は1年間での利用料です。

Bloggerでブログをはじめた頃のぼくは、この金額を払って独自ドメインを所有するのが、なんだかすっごくハードルの高いことのように感じてしまい、いまのいままで無料でブログを維持してきました。

冷静になると喫煙者であることを考えればタバコ代よりもめちゃくちゃ安い。しかも、独自ドメインは、インターネット上の自分の住所みたいなものなので費用対効果ははかりしれません。

いやいや、1年もブログをやるつもりなんてないって?

それでもいいんだよ。独自ドメインは怖くないし、大損するわけじゃないですから、かるい気持ちで取得してみほしい。それだけです、ぼくが言いたいことは。

Google DomainsじゃなくてもOK!

独自ドメインを販売しているのは「Google Domains」だけではありません。

Google Domainsによるドメイン販売は2018年現在ではまだ開始したばかりで「実際のところどうなんよ?」っていう不安がありますが、みんなの代わりに生け贄になってやんよっ!

情報がすくなくて不安だ!という人は、有名どころの、
  • お名前.com
  • ムームードメイン
  • エックスドメイン
などで購入するのもありです。ぼくはWordPressでもサイト・ブログを作成しているのですが、そちらではエックスサーバーとエックスドメインを利用しています。

販売会社によって月額料金も違ってきますが、初心者やめんどくさがりな人ならばGoogle Domainsがてっとり速くてわかりやすい。

まぁ、ぼくでも簡単にできたので、安心してくださいませ。(むしろ不安w

このブログにかかる費用って結局いくらなの?

で、結局のところ。

独自ドメインで運営しているこのブログに、いったいいくらの費用がかかっているのか?ということですけど、

必要なもの・使っているものとして、
  1. パソコン・インターネット利用料(人それぞれ)
  2. Googleアカウント(無料)
  3. ブログサービス・Blogger(無料)
  4. ドメイン代(年間1400円+税)
というわけで、インターネット料金を含めずに「1ヶ月にすれば200円もかかっていない」ことになります...やすっ!

Blogger+独自ドメイン取得│まとめ

こわがらずに独自ドメインを取得しよう!

たかだか毎月数百円じゃん!って軽いノリで購入したらいいじゃん!ゆーやっちゃいなよ!

大損こいて多額の借金するわけじゃないんだからさ。軽い気持ちでやってみようぜ、ってことです。

自分が考えた世界にたったひとつしかない住所(URL)っていうだけで、なんかうれしくないっすか?

ね?

以上、現場からでした!ではでは。
Blogger普及委員会発足

日本におけるBloggerの扱いがひどい

ぼくは心からそう思っているし、なんならちょっと怒ってます。

Bloggerはもっと人気が出てもいいはずなのに。

BLOGGERへの恩返し

ぼくがBloggerでブログをはじめた時、たくさんの日本人Bloggerブロガーの存在やブログの記事にお世話になりました。

お世話になったといっても、直接のカラミもなければインターネット上でのカラミもほとんどない人たちばかり。

ぼくが一方的にそう思っているだけなんだけども、それでもすごく憧れた人たち。

例えば、

記憶をたよりに書いているため、間違っていたり、思い出せない人もいる…もうしわけないです。

みなさん、独特の世界観をもってBloggerでブログを更新されていました。

ブログの更新が止まってしまった方もいれば、WordPressや他の媒体へ移転された方もいるし、変わらないスタイルで淡々と更新されている方もいます。

しかし、あえてBloggerでブログをやろうという彼らの選択。それが、ぼくにとってはヒーローのようにかっこよく思えたのです。

ブログの内容はもちろん、デザイン、ライフスタイル…文章から感じられる人間性、そのすべてがかっこよく感じていたあの頃がなつかしい。

だからいまこそ!


ぼくが彼らのようになって、Bloggerとヒーローたちへの恩返しをしようじゃないか。

いや、まて

Bloggerにも本気だしてもらうべく勝手に「BLOGGER普及委員会」を発足しました。
なお、会員はぼくひとりの模様。

※随時、会員募集中。好きに名乗ってBloggerの普及につとめてくださいませ。

BLOGGERつかおうぜ!

みんなでBloggerつかってみようぜ!

訪問者ゼロ!読者ゼロ!でもべつによくね?

WordPressやはてなブログ、ライブドア...それもいいかもしれんけど、とにもかくにもBloggerをつかってみるんだぜ。

みんなで使えばこわくねぇ!

そういうことだろ?なぁ?

というわけでして、Blogger普及へのご協力をおまちしております。

ではでは。