ネットと現実とが混ざりはじめる恐怖


2019年になりました。

約20年くらいインターネットの世界を眺めていて、特に2018年は働き方に関する話題も多かったように思います。


その話題のひとつとして「YouTuber」というものがあります。

ユーチューバーの人気と知名度の向上

ユーチューバーという存在は決して新しいものではありませんが、近年の
  • スマートフォン(モバイル端末)の機能や性能の向上
  • インターネット環境の拡大と向上
  • スマートフォン利用の年齢層の拡大
  • ヒカキンさんをはじめとする日本におけるYouTuberの先駆けの活躍
などによってユーチューバーという職業の人気はもちろんのこと、認知度もあがっているのは事実でしょう。テレビタレントは知らないけれど、ユーチューバーなら知っているという若年層はめずらしくありません。

こどもが将来なりたい職業にユーチューバーがランクインするのもめずらしいことではなくなりました。

インターネットを活用してお金を稼ぐという意味で、ぼくが約10年前に「ブログ」にであい、その頃にはブログを軸にして生活をする「アルファブロガー」や「プロブロガー」といった言葉がありました。

ぼくもブロガーに憧れたひとりでもあります。

ユーチューバーを支えているのは信用や信頼である

ユーチューバーもブロガーも、その活動を支えている収入の大きな柱になるのが「広告収入」です。

お金を稼ぐ、お金をいただくという意味で、広告収入で長く安定して生活ができるレベルになるために必要ないちばん大切なこと。

それは「信用」や「信頼」です。

もちろん人気や知名度は大切です。しかし、おもしろいコンテンツを残して誰かを楽しませ、そしてその活動や名前をたくさんの人に知ってもらったところで、その人が信用に値しない人間性であれば、いずれは人が離れていきます。

過激な言動、虚構や誇大な表現、誰かを犠牲にするなどして、まぐれでも偶然でも、一時的だとして、稼げればいいと言うのであれば、社会を混乱させない程度でやればいいでしょう。

ただ、ここ数年の一部のユーチューバーやブロガー、アフィリエイター、インフルエンサーと呼ばれる方々の言動を眺めていると、ひとつの不安が浮かびました。

人気ユーチューバーの言動にテレビと同じ匂いを感じる

ここからは、個人的な見解が多分にふくまれますが、かつてのウェブの世界を思い出してみると、

例えば、2ちゃんねるでは、テレビや新聞では見えなかった「舞台の裏側」や「人間の本性」が垣間見ることができ、ウソかホントか分からないけれど、つじつまが合ってしまうおもしろさがありました。

例えば、ニコニコ動画の動画投稿者は、本当はお金を稼ぐつもりなのかもしれないけれど、基本は視聴者を楽しませたいという心意気が伝わりました。しかも「笑いのツボ」がピンポイントなものだったり、無駄に編集技術が高かったりしたので、視聴者としても一緒に動画を盛りあげたい、楽しみたい、という純粋な気持ちがそこにはあったように思います。

さらにニコニコ動画で言えば、いっさい顔をださない動画投稿者が多かったようにおもいます。そこには、あくまで主役は「動画」であり、むだに視聴者に期待させないように、とか。ガッカリさせないように、とか。パソコンの画面を通しているとはいえど、視聴者との距離感が近づきすぎないように、とか。そういった動画投稿者の配慮があったようにも感じていました。

一方で、ここ最近のユーチューバーの動きを見ていると、動画投稿の他、曲をだしたり、テーマパークを作ったり。

はたまた、たくさんのファンがいるにも関わらず、恋愛沙汰、ウェブマネー、投資案件など、わざわざ表でやらなくてもいいようなアンダーグラウンドな話題で世間をさわがたり。

一部のブロガーも同様に「ブログやアフィリエイトで稼ぐ方法」などとタイトルでnoteというプラットフォームで販売する、とか。会社員を社会の害悪だとあおり「会社は辞めろ!フリーランスになれ!起業しろ!そのためにこのオンラインサロンに入れ!」などと勧誘する、とか。

定期的に再燃するうさんくさい情報商材の世界そのままに、まるでテレビの再放送かと思ってしまうような言動をしている(自称)ブロガーおよび似非ブロガーが増えたようにも感じました。

こどもたちがまねる存在であるという自覚と覚悟

すでにユーチューバーはこどもたちの憧れの存在であるということ。

動画のネタ集め、企画、編集、投稿など、とても大変な作業ですので、こどもではない大人のぼくも、ユーチューバーをすごく尊敬しているし学ぶことも多いです。

そういう意味で、ユーチューバーから影響を受けるたくさんの人がいます。

これは、もはや「好きなことをして生きていく」という安易な言葉で片付けられるものではなく、こどもや社会に対して影響力のある人だということです。

そして、インターネットの世界と、現実社会とが混ざってきている現代では、ユーチューバーも芸能界も同じ雰囲気になってきていることを感じています。
  • 個人や法人の商品・サービスの紹介
  • 動画に流れる広告
  • YouTube Premium登録料
といった基本的な収入は芸能界のそれとあまり変わりませんし、個人で稼いでいる金額からすれば、人気ユーチューバー、そこそこの芸能人、アーティストは、大きく変わらないレベルかもしれません。

ユーチューバーに近づく反社会的な人やもの

もしも、ユーチューバーやブロガー、インスタグラマーなど、少なからず不特定多数の他人に、なにかしらの影響をあたえるインターネットの著名人たちが、テレビや新聞などに出てくる有名人やアーティストたちと、同じような流れになるのだとしたら。

怖いのが「反社会的な人やもの」の存在です。例えば、謎の新興宗教だったり、ヤーさんだったり。例えば、お注射だったりお薬だったり。

そういう類いの人やものは、金が集まる場所、人が集まる場所には必ず近づいてきますからね。

ぼくがかつてよく見ていたニコニコ動画の動画投稿者や視聴者に、そういう人がいなかったとは思いません。

ただ、影響力の大きさを考えると、ユーチューバーのほうがまちがいなくこどもや社会に与える影響は大きいと思います。

ユーチューバーと接触している可能性も捨てきれない

ユーチューバーがさわがれ出したのは、ここ数年の話ではないので、もうすでに裏社会の人たちが近づいてきているのでは?

と、勝手に不安に思っています。

さいごに

もしかしたら、すでに裏社会の人と接触し関係を持っているユーチューバーもいるのかもしれません。

法律に触れてしまうようなことをしているユーチューバー、インスタグラマー、ブロガー、インフルエンサーがいるのかもしれません。

もちろん、そんなことはないだろうと信じたい気持ちもあるのですが、昨今のお金のからむウェブの世界をながめていると、とても不安です。

これはぼく個人の勝手な想像にすぎません。

ただ願うことは、こどもたちや社会に対して悪い影響を与えるようなこと。たくさんのファンを裏切るようなことはしてほしくない。

ただそれだけです。

ではでは。

0 comments:

コメントを投稿